このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 減感作療法の果てに

<<   作成日時 : 2017/02/17 10:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

花粉症の季節がやってきました。

私は、出産後花粉症になり、毎年、ひどかったんです。

夜も眠れませんでした。


はじめは風邪だと思っていましたが、

花粉症とそのうちわかりました。


点鼻薬を使ったり、寝る時に、濡れたマスクをして寝たり、

薬も飲みましたが、口内鼻内乾燥感が強くてやめました。


いろいろ試して

今は、洗濯物は、外に干さない

布団も干さない

マスクは欠かさない

で、薬も飲まずにやってます。

おかげで、夜はなんとか眠れるようになりました。



当時はあまりに辛かったので、一度だけ医療機関で、試したがあり


それは、減感作療法というものでした。


アレルギー科があるというクリニックを探し受診しました。


テストをしてスギとヒノキとハウスダストとカモガヤに反応がでました。


そこで、スギ花粉のエキスを、最初は毎週1〜2回で1〜2ヶ月、以後は、毎月1回位で、

通院して皮下注射すろという治療を始めることになりました。


当時は、まだ、30代後半だったと思います。


働いているわけではなかったので、午前中の空いた時に行くことにしました。


はじめは、打ったところが、真っ赤に腫れましたが

数回打つうちに、反応しなくなり、これはすごいと思いました。


毎週、打ちに半年以上通ったある日

看護師さんがカルテを見て、


「毎週じゃなくてもいいのに」

びっくりしたのです。

そうなんです。

上にも書いたように3か月以降は月一回でよかったのに、

医師からは、機械仕事のように受付からカルテが回されて

診察を受けることもなく、毎週注射を打っていたので

誰も気が付かなかったのです。

もちろん、患者である私がそんなことを気づくわけもありません。

無駄な治療とお金を使うことになりました。


信頼ができなくなって、半年以上続けた注射は、そこで終わりました。

よく半年以上もがんばったなと自分でも思いますが・・・・


花粉症は最近は、治ったわけではありませんが、少しは軽くなったかもしれません。

でも、それは、上に書いた、外に布団を干さなくなったせいかもしれないし、

マスクをちゃんとつけるようになったからかもしれません。

減感作が効いたか効いたのか、さっぱりわかりません。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ひえ〜!
そんなことがあるんですね。
医師の指示したことだと思うから
やっていますが、それが間違って
いるなんて、患者にわかるはず
ありません。
怖ろしや〜、です。

自分で気を付けてできることを
やっていくのが一番かもしれません。
プチ・ミニ
2017/02/17 14:25
まいりますね〜。
病院にいってそんなことがあるとなると
不信感でいやになってきますね。
病院の管理体制というのがもっと人間的でないといけませんね。
ゆう
2017/02/21 08:29
私もスギ、ヒノキ、ハウスダスト、カビ、ブタクサ等々のアレルギーがあります。
春一番が吹いた先週金曜日に一気に症状が出て、ゾンビみたいでしたが薬は飲みませんでした。効く薬だと同じく口内鼻内の乾燥が酷くなるから。。。
最近ヨーグルトやらキムチやら納豆やら乳酸菌を極力取るようにしているからか、例年より早めに収まりつつあります。
治せるなら普通の食から治れば一番ですよねぇ。

この病院というか医者の対応はちょっとヒドイですね。治療を始める時にどの程度の頻度で注射を打つのか、きちんと説明すべきです。これからは嫌われても患者がどんどん聞かないといけないんですかねぇ。。。
うずら
2017/02/22 00:42
>プチ・ミニさん
私は、いつもそういう意味では医師のあたりが悪いんです。
いい加減なことをされる顔をしているのでしょうか?

注射の人だけ別にいれる箱があったんですが、きっとこういうことは徹底されてないんでしょうね。

そういうクリニックを見分ける方法が知りたいです。
でも、看護師さんが気づいてくれてよかった。
南天
2017/02/22 17:48
>ゆうさん
人間のやることですから、ミスがあって当然だと思いますが、ここ医師に限っては診療報酬も高いのですから、気を引き締めてやってもらいたかったです。
ちゃんとカルテみてるのか?みても適当にやってるのか
怒りがわく前に呆れるんです。
普通の仕事してる人たちの方が、よっぽど気をつけてる気がします。
南天
2017/02/22 17:50
>うずらさん
やっぱり、乳酸菌がいいんですね。
腸内フローラ、お花畑をきれいにするのが一番。

薬も合う合わないありますし・・・・

医療の高度化はいいんですが、こっちがさっぱりわからないので、気をつけたくても、どこをどう気をつけたらいいのか・・。
無駄に医者に掛からない方が元気かもしれませんが、こう言う私は、別の薬漬けになってます。チ〜ン
南天
2017/02/22 17:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
減感作療法の果てに このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる