このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ

<<   作成日時 : 2017/03/03 02:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

私の病気に関しての今の治療法は、

局所麻酔薬を週一回打ちに行き、それを継続することを

試みてきました。

が、

やはり、症状が悪化するときがあるし、

時間とお金がかかるので、気力がいるんです。

なんだか、続かなくて・・・・・


最近は、やっぱり、だめかもと、諦めの気分です。

だめもとで、はじめたことなので、仕方がないとは

思っています。


少し前に、とある、雑誌で 偉い女医さんのインタヴュー記事があり

そこに

「Aさんという患者さんが来ると憂鬱になる。

   難病でいろいろやってもよくならない。

    自分の力のなさを思い知る」

と書いてありました。


それを読んでから、私の主治医も

私の顔を見ると憂鬱になるんだろうか?



と、思うようになり、さらに、気力が失せました。


それを同病仲間に言うと

「その女医は、プロとして、失格。

  治らなくて憂鬱になってるのは患者の方。

   医者なら憂鬱になってないで
  
  しっかりと、向き合うべきだ」と

諭されました。

それで、

私の主治医が、プロだと信じることにして

このところ、いつもと同じですとだけ、言っていた

身の入らない診察も

今日は、具体的に症状を伝えることができました。

何も変わらないけど、患者としてのあり方も

大事なことですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
確かに!
人は周りから思われているようになる
ものだと聞きます。
プロだと信じて、受診することで何かが
違ってくると思いますよ。

プチ・ミニ
2017/03/03 13:05
なかなか良くならない患者さんをみて自分の力不足を悟るのは良いですが、それで憂鬱になったり医者仲間以外に話すのは名医とは言えないと思います。ホント、一番辛いのは患者さん本人なんですから。。。

患者としてのあり方、これも大事なんでしょうねぇ。歳と共に医者との関わりが増えているので胸に刻んでおきます。
うずら
2017/03/04 00:06
>プチ・ミニさん
治療も長くなり、変わらないとなると、お互いにマンネリ化してくるような気がします。
仕切り直して、もう一度、ちゃんと診察してもらうように、こちらもちゃんと言わないといけませんね。
薬もらうだけの診察ですが・・・・。

でも、おっしゃるように、何に対しても、こちらの気持ちは相手に伝わることを意識して対峙しないといい結果は生まれないと思います。
南天
2017/03/05 18:14
>うずらさん
私もすっかりその記事を見て、偉い人が言うことにはまってしまいました。
勘違いの医者だってことに気が付かなくて。
それを気が付かせてくれた仲間に感謝してます。

これからは、年を取るにつれて慢性病で、かかりつけを持つことになりますが、いい先生に出会うことがいい人生を送れることだとつくづく思います。
南天
2017/03/05 18:16
長い病気、先が見えない病気、辛いですね。
医者に行っていろいろしゃべって、気持ちをプラスに向けて
いつか、この病気から脱出・・・
積極的な気持ちになれば、ひょっとして何かが見えてくる
チャンスがあるかも・・・
先生も苦しんでいるのかもしれませんね。
気持ちが一歩前に進ましたね(^^)v
ゆう
2017/03/06 08:48
>ゆうさん
お返事遅くなりましたm(__)m
そうですね。気持ちだけは落ちないようにしないといけませんね。
先生もきっと困ってると思います。
でも、長い付き合いになりそうですから、いい関係を結んでおきたいと思います。
ゆうさんも主治医といい関係を結んでくださいね。
そうすると治りも早いかも。
南天
2017/03/11 20:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる