このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛知用水のゲート

<<   作成日時 : 2017/06/11 23:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

愛知には 愛知用水というのがあります。
木曽川から知多半島まで、水を送るのです。

幹線水路 と支線水路がありますが、幹線に

35箇所の水位調節ゲートがあるそうです。

今日はそのゲートの一つを見つけました。
画像


アミルゲートというそうです。
電気を使わずに、おもりでゲートを調節するのだそうです。

このゲートから振り返ると
画像


とこのように、用水に水が流れています。
この用水、長い水路で、見えるところと、土の中をもぐってるところとあります。
この水が、平野の農業を支えているわけです。

水を制するものは天下を制する

画像


このゲートをを考えた人もすごいですね。地上の星だ〜🎵
画像


ため池も用水横にありました。
昔はため池利用の農業でした。
それが、用水による灌漑で、暮らしは楽になったということですね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲートのこともまた、南天さんの記事を
見なければ、何にも知らずにいたことでしょう。
なるほど〜!
プチ・ミニ
2017/06/12 23:25
>プチ・ミニさん
私もこのゲートを見た時には、なにかわかりませんでした。
愛知用水をうろうろして、偶然発見しました。
ネットにて調べたら、水位調節のゲートということがわかりました。
いろいろなゲートがありますが、その中の一つです。
しかし、よく考えられていると感心します。
もっと皆さんに知ってもらえる機会があると社会は変わってくると思うです。
テレビもこう言う地道な技術や努力を取り上げてくれないものかしら・・。
南天
2017/06/13 08:29
農地に水が安定的に供給されるようになると、農作物の収穫が安定する。それは消費者には何より有難い事なので、私たちも少なからず恩恵を得ているということなんでしょうね(#^^#)
何でもかんでも電気だと停電したときに困りますよね。おもりで調節って良く考えられてますね。
うずら
2017/06/13 23:26
こうしたゲート見たことあります。
水の流れを一定に保つためのものですよね。
確かに、すごいアイデアですね。
この水が人々の生活を支えている。
地上の星、分かります。(^-^)
ゆう
2017/06/14 07:14
>うずらさん
用水を作った人たちはすごいですね。
やはり用水ですら反対とかあったみたいですよ。
でも、それも作ってみたら、人々の暮らしを豊かにしたんですね。
今は、作り変えて近代的に水路になり、このようなゲートもできたようです。
でも、この用水は名古屋には来てません。
名古屋は木曽川から直に来てますから、近隣市町村が助かっています。
渇水の時期は、名古屋はあまり制限がかかりませんが、愛知用水を利用している地域は制限が早くかかるようです。
このおもり式ゲート、なんかかっこいいです(^^)
と思う私は変でしょうか?(笑)
南天
2017/06/14 11:00
>ゆうさん
ご存じだったんですね。
広い地域をカバーしてますから、水の調節は大事みたいですね。
ひっそりしたところにあって、舗装していない道をいくとあったんです。
釣り人がいて、知る人ぞ知ると言うところです。
あまり人もみないようなものを作り、設置していった人たちは、地上の星ですね(笑)
南天
2017/06/14 11:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛知用水のゲート このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる