このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS ひっそりとある昭和塾

<<   作成日時 : 2018/02/10 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

城山八幡宮に行ってきました。

以前、恋の三社めぐりの時に、名前を書いてきたのか・・・記憶はないのですが、来ると言うことはそういうことでしょう。

最近、行事の案内が来るようになって、そのはがきを持っていくと

福豆がもらえると書いてあったんです。

娘が前厄なので、さそって、行くことにしました。

参拝をして、神殿の東を見ると

キンカン?

画像


神木と書いてあります。

そして、そのわきに 「橘」と書いてありました。

字としては知っていますが、実際の木としては、知りませんでした。

黄色いキンカンのような実がついていました。


八幡宮の駐車場の一角に、雰囲気のある建物があります。


画像


「旧昭和塾堂」と案内板があります。

昭和3年の建築です。

90年・・・・・・・・

戦火にも合わず、残っています。


教育の施設だそうです。

昭和塾


末森城二の丸址でもあるそうです。

このような文化資産が、ひっそりとあるのはちょっともったいないような気もします。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「橘」って、お雛さんの時に右大臣と左大臣の横に置く植物ですよね。
そう言えば、実際には見たことがないような気がします。
キンカンの実と似てますよね。
プチ・ミニ
2018/02/11 10:47
>プチ・ミニさん
そうなんですね。知りませんでした。
名前とか漢字はよく見るんですが、実際はなんなのかは、よくわかっていませんでした。
実際に見ると、大きなキンカンみたいでした。
南天
2018/02/11 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひっそりとある昭和塾 このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる