このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 入鹿池

<<   作成日時 : 2018/03/30 23:48   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


入鹿池は、1633年に築造されたため池です。

画像


古いですね。


徳川義直の重農政策による新田開発の水源として築造されました。

その後 幾多の干ばつと洪水に見舞われましたが、

慶応4年には、幕末に堤防が決壊して、その復旧工事は、

尾張藩から愛知県に引き継がれ明治12年に完了しました。


画像


天端にあった刀塚です。

築造当時、池の底や周囲の山から古代の様々な遺物が発見されて

池の底に沈む古墳発掘が行われ、刀剣が出土し、古墳の主は

このあたりの豪族であったということで、池の堤防に塚を作って池の守護神として祀り刀塚としたそうです。

画像


この碑の裏には、落書きがありました

画像




天端は広くお店が何軒かあります。

池は、ボートに乗って釣りができますので、何艘か浮いています。

画像



画像


昔の取水塔が野外展示してあります。

画像


こうやって見るとダムっぽいですね。
ということで、先月より、配布が決まったダムカードです。

画像


画像
ここでもらえます。ただし、平日限定。

画像
ダムにつきものの取水塔です。

画像

これまた、つきものの余水吐です。
越流してました。
天端の北の端っこにあります。

画像

越流先にはロールウェーブが見られました。
これは、下から回って撮影。

画像


天端の南の方には、石碑が並んでいます。
水神さまもありました。
画像


画像

天端からはダムカードをもらった建物も見えます。

画像

少し離れたところから堤体を撮影しました。


画像

近くには、愛知用水の水路橋です。
意外と幅広です。

画像

歩いているとレンゲがいました。相変わらずかわいいです。

画像

堤体直下です。

画像

上に登ってまた、天端に戻る途中です。
この道路をこのまま行くと明治村です。

天端に戻って、桜を鑑賞して、車に戻りました。

その途中にきれいな山つつじがありました。
画像



                 次記事に続く〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入鹿池 このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる