このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS ご無沙汰です

<<   作成日時 : 2015/12/21 11:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 7

いろいろ取り込んでいたら、あっという間に月日は流れてしましました。

画像



12月の初めに風邪をひいてしまいました。

高熱が出たんですが、仕事を休むわけにもいかず、
ふらふらを押し隠して行きました。

そのせいか、なかなか治らなくて・・・・。



そんな中、雛が死んでしまいました。

画像


2羽生まれて、とってもかわいくて・・・

キンカンとムヒ、という名前を付けて可愛がっていました。

画像


ある日、キンカンが、足を引きずっていました。

動物病院に連れて行くと、見かけは元気そうだからということで

炎症止めをもらい、保温、日本酒を薄めたものを少しだけ飲ませて、と言われました。

餌も食べるようになって少し元気になったので、

もうそろそろ一人餌の時期だと、いうことで、様子を見ていたら

一人で食べることができないのです。

同じ時期に生まれた、ムヒはとっくの昔に一人で餌を食べているのに

キンカンは、人の手で、温めた餌しか食べません。

仕方なく、給餌をしてました。

しかし、しばらくすると、今度は、その足が、丸まってきてしまいました。

動物病院でも、よくわからなくて、やっぱり、保温に努めるようにと。

でも、また元気になったので、気を抜いたら、

死にそうになってしまいました。

もう冷たくなってしまって・・・・。

必死で餌をやり、開かない口を無理やりあけて、日本酒を与えました。


すると、元気になったではありませんか・・・・


喜んでいたら、また、次第に、だんだん食べなくなってきて、

様子がおかしいので、動物病院に駆け込んで


蓋を開けて、先生が手に取ったら、すでに死んでました・・・・。

肺に水がたまっていたのです。

私の餌や水のやり方が悪かったのです。

それで、先生に、もっと早く連れてこればよかったと、つぶやいたんです。

すると、先生は、ペットが死ぬと、自分を責める方がいるけど、

この子は生まれつきこういう体質だったんだと思うと、言われました。

それでも、自分を責めずには言われません。

自分の失敗が

無知ということが悔しくてたまりません。


画像


我が家の庭に、キンカンがなっていますが、その実を見ると、気持ちが沈みます。

キンカンは、死んだその日は、人間のようにお通夜をやって

次の日に、南天の木の下に埋めてやりました。

画像



11匹いるピーチャンたちを見るのも、気持ちが沈んでたんですが・・・。

キンカンが死んで、テーブルに座ってぼんやりしている私の肩に、いつもは自分の遊びに夢中になっている

ロキが乗ってきました。

いつもは、つんとしているロキが、まさかと、思い、思わず

画像を残しました。

画像


もう一匹のパリも足元をウロウロしています。


私は、鳥にはこういうことをすることはないと、思っていましたが、

私を慰めてくれているかのようでした。


そう思うって、風邪で体が弱っているうえに、心まで弱っているのかな?と思ったり。


キンカンのことは、数あるインコの中でも、きっとずっと忘れないと思います。


そんなわけで、ブログの更新が止まってしまいました。

また、少しずつ更新です。

皆様のところにもちょっとずつ伺います。

気持ち玉だけになるかもしれませんが・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お辛いことがありました。
元気を取りもどされてください。
自分を責めても、次へのステップになりません。
この経験を生かして、次の新しい一歩にされてください。
お体を大切に。(^_^)
ゆう
2015/12/21 12:44
元気で育ってくれて、長生きしてくれることが理想だけど、時に、このようなことが起こってしまう・・・
心痛すぎですね。

飼い主として、出来ることを精一杯してあげたと言うことをキンカンちゃんが一番解ってくれている。
虹の橋から、いつまでも悲しまないで〜と見守ってくれている。

私もペットを見送ったり、病気・負傷などのときには、自分を責めたり、後悔したりする人ですが、どこかで心に決着をつけ、生きていかないといけないですね・・・
心、落ちていると思います。お察し致します。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
ノンちゃん
2015/12/21 20:57
>ゆうさん
暖かいコメありがとうございます。
いままでもインコの落鳥は何回もありましたが、今回はちょっと引きずってしまいました。
疲れてるせいもあったのかも。
残ったインコたちが、いつもどおり騒いでいるので、気持ちもいつもどおりになってます。
今度、育てる時は、こういうことのないように気をつけます。
ゆうさんの絵に癒されてます。
南天
2015/12/22 08:00
>ノンちゃんさん
ありがとうございます。
いつもと違う雛でした。
はじめのころは食欲旺盛で元気な子だと思っていたのですが・・・。

何がいけなかったのか・・・

でも最後の死因は私が作ってしまったようなものです。
つらそうなキンカンの顔がよぎります。
可哀そうなことをしました。
あれなら、そのまま何もせずに逝かせた方がよかったのか・・。
しかし、逝ってしまったキンカンはもう戻ってこないですから、残った子たちの世話を続けていくばかりです。

生き物の世話は、喜びと悲しみとの繰り返しですね。
特に鳥は寿命が短いので、別れの数も多いですが、キンカンとの別れは、特別でした。
それだけ、頑張った証であると思いたいです。
南天
2015/12/22 08:06
キンカンちゃん、幸せだったと思います。
南天さんのところで過ごせて良かったね。
インコも犬も同じ家族です。
そしてまた、命の重さや大切さは命を失うこと
に直面して、初めて現実のものになるのかも
しれません。

みぃは「てんかん」だと判断されました。
発作の度に脳の組織が破壊されてくのだそう
です。
心臓の薬に加えて、てんかんの薬も飲むことに
なりましたが、しっかり最後まで見届けて
やろうと思います。
医者代は必要経費ですね。
やれるだけのことは、やってやります。
プチ・ミニ
2015/12/22 11:06
>プチ・ミニさん
心休まるコメントありがとうございます。
つい今まで息をしていたのに、それが、全く動かなくなってしまった時、なんとも形容しがたい気持ちになります。

みぃちゃん、てんかんだったのですね。とてもご高齢の、みぃちゃん、命に限りがあるとわかっていても、長くいてほしいですね。
できる限りのことをしてあげたいと言うお気持ち、わかります。
どれだけやっても、足りないと言うことはありません。
でも、小さいうちに死んでしまうと、まだ、できたはずだと思うことも。
そういう意味で、長生きをしているみぃちゃんは、とっても素敵な立派なワンちゃんだと思うのです。
心残りのないように頑張ってください。
南天
2015/12/23 10:24
しばらく更新が止まっていてどうなさったかと思っていたら、体調不良に加えツライ別れがあったのですね。
南天さんの自分を責めてしまう気持ち、よ〜く分かります。特に幼くして亡くなると、たとえ自分では何もできる事がなかったとしても何らかの形で自分を責めてしまうのではないでしょうか。
でもキンカンちゃんはこんなに愛してくれる人の元に生まれて幸せだったと思います。元気のない南天さんを気遣う他のインコたちのためにも笑顔を取り戻してくださいね。
うずら
2015/12/25 00:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご無沙汰です このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる