このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 思うこと

<<   作成日時 : 2018/10/24 23:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 12

また、母が転倒しました。

5月から救急車を呼んだのは、一回ですが、もう、転倒4回目です。

前回は私の目の前で転んで、肝を冷やしましたが、
大ケガにはいたりませんでした。

というか、本人は、救急車に乗りたくなくて、なんともないと言い張ります。

今回は、後頭部に大きなたんこぶを作っていました。

時間外なので、教えてもらっている主治医の携帯に電話しましたが、応答なし(´・ω・)

試しにクリニックにかけても、留守電。

手足にしびれもなく、吐き気もなく、ろれつも回り、

しっかりしているような感じで、本人も大丈夫と言い張りますし、

とりあえず、様子見となりました。

1時間後、主治医から折り返しがありましたので、

報告すると、数週間後に、慢性硬膜下血腫にななるかもしれないけど、

今は様子見でいいと言いました。

本当にいいのかな〜?

それから、6日経ちますが、本人は元気なので、様子見です。


しかし、もう、一人で置いておくのは、そろそろ本当にやばくなってきました。

転倒して自分で起き上がれません。

私がいるときはいいけれど、そうでないときは・・・。

24時間看護センターに登録してあるのですが、

自分でかけられたらかけてね、というと、

症状を説明するのが面倒だといいます。

倒れて起き上がれないから、助けて と言えばいいよ 

と言っても、姉にかけるからいい と言います。

私の姉は、来るのに1時間はかかります。、

携帯は、首からかけておいてね、というと、

首が痛くなるから、いやだ、と言います。

駄々っ子みたいです。


もう、それで

姉がついに施設への決断をしそうです。

母はまったくその気はなく、家から出そうにあ(ません。

せめて、デイに行ってほしい。

母が70代後半のころ、からだの調子が悪いといって、

明日にも死にそうな顔をしていたので、

午前中の通院の送り迎えをし、ごみも車でとりにいっていました。


送迎のために午後からの仕事を選び、世話がしやすいようにと、母の家の近くに

家を買いました。

ローンがまだまだ残っています・・・・。


近くに引っ越し、よく訪ねるようになると、

口では、よたよただと、言いますが、よく観察すると、すたすた歩いてました。

なんだか、騙されたような気持ちになりました。


ただ、娘に心配して、そばに来て欲しかっただけなのかも。

今は本当によたよたになってくると、逆にできないとか、辛いとか言うと、

施設に入れられると思うのか、ちゃんと自分でできるというのです。

元気なときに、元気でない振りをして、元気でないときに元気な振りをしています。

老いるということは、ほんとうに、理解を超えます。

体が劣るだけではなく、それまでの人生をじっかり生きてこないと

周りが見えなくなって、自分本位になってしまいます。

また、老いという病が、そうさせてしまうこともあるのかもしれませんが

未知の世界です。

人生をきちんと、自分でたたんでしまえるようにするには、

若い頃から、心の皺を伸ばしておかないと、回りに迷惑をかけてしまうのだ、

と、思いました。

老いと死を

穏やかに

そのままに、受け入れる

その境地になるには、やはり、日々を

無私で生きる訓練をしていくこと。

と、思う今日この頃ですが、

そんな境地になるには、まだまだ、訓練が足りないです。

でも、いつ死んでもいいように、
いつも、人としてやれることをやるように心がけたい
と思っています。


そして、長生きはしたくないと、思うのでした。、

元気なうちに、あの世に行きたい・・・。

子供には、面倒をかけたくない・・・・。


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
深いお話しです。
お察しします。

>日々を
>無私で生きる訓練をしていくこと。

はい、そうありたいと心掛けるだけでも
違うと思います。
プチ・ミニ
2018/10/25 15:42
こんばんは!
そうですね・・・
私は決して大丈夫ではないです…。
ですが、なんともないふりをすることは多々あります見た目は34歳ですが動きは70歳です…。
周りが見えないと言うのは、多分自分のことでいっぱいいっぱいなんですよね…。でも、いつまでも気遣いを忘れずにいきたい!と思うんですが、周りの友達のほうがよっぽど気が利く…。私はまだまだだなぁと思う一方、そんな人を尊敬します。

お母さま、施設もすてたもんじゃないですよ
ちぃ
2018/10/25 22:26
無責任だと思われるでしょうが私はお姉さまの決断を支持します。本来ならお母様のお気持ちを一番に考えるべきですが、何をやっても満足することは無いように思えます。そしてこのままでは騙して施設に入れるようになってしまうのが嫌だと思いますが、このままではみんなが疲れ切って倒れてしまいそうな気がしてます。

うちの母も若い頃からちょっと胃が痛いと胃癌で死ぬと騒いだり…小学生の私は本当に心配でよく泣きました。今は何も出来ない、誰も助けてくれないと言いながら老人扱いすると機嫌が悪くなって、私はもう終わりだと言ってます。もう何をどうすれば満足するのか分かりませんよね(;^ω^)
うずら
2018/10/26 14:08
お母様大変ですね。
そのお気持ち、良く解ります。
屋外だけでなく、家の中でも用心の為に杖を使用している方もいますが、それは無理ですか?
家の中に段差を無くすことは重要ですが、これも大変。
廊下、室内等にクッションかカーペットを敷き詰めて、転倒時の衝撃を少なくする方法もあります。
頭にヘッドギア、腰を保護するクッションなど勧めてはどうでしょう。
長生きはしたくない、と思う気持ちも良く解ります。
これを、元気で長生きしたいに変換して欲しいです
アルクノ
2018/10/27 16:09
>プチ・ミニさん
はい、そう思いたいと思いますが、つい自分中心になってしまいます。

母は、自分の思い通りのことをしてほしいのだと思いますが、周りは困っています。
反面教師にしたいと思います。
南天
2018/10/29 14:01
>ちぃさん
体がうまく動かないとストレスも溜まりますよね。
つい、自分のことばかりになってしまいますが、そうならないように、日ごろから訓練しないといけませんね。
でも、弱いから、時々自分中心になってしまいそうですので、気を付けないといけません。
ご病気だと、わがままもいいたいと思います。
言ってもいいと思いますが、度を越えてくると周りも困りますし、時には、周りの意見を聞いてほしいですと、母に対して思います。
病気でも老化でも周りに気遣える人は本当に尊敬です。
南天
2018/10/29 14:04
>うずらさん
本当に、あの状態で頑張るのは、周りも困っています。
ある意味、すごくしっかりしているのですが、度を越して、人のいうことを聞かず、自分の思い通りにしています。
うずらさんのお母様の例とまったく同じです。
何も満足することないようですが、それでも、これだけ長生きということは、自分の思いどおりに力技でやっているからだと最近思うようになりました。
ある意味幸せな人生だと思いますが、本人は不幸だとおもっています。
心ってよくわかりませんね。
南天
2018/10/29 14:09
>アルクノさん
ありがとうございます。
本当にいいアドバイスですが、きっと聞き入れてくれないと思います。
私たち姉妹が勧めることはことごとく却下です。
ケアマネさんが勧めても、気に入らないと却下です。
でも、本人は遠慮していると思っています。
難しい親を持つと本当に苦心します。ケアマネさんも手が出せません。
こういうことで、介護者が疲労困憊していくこともあります。
人は難しいですね。
長生きが、めでたいこともように言われたのは、自然に長生きが、珍しかったからかもしれません。
今は、栄養もよく、医学が進んで、長生きが当たりまえになりました。
でも、本当にこれがいいことなんでしょうか?
私には、わからなくなってきました。
南天
2018/10/29 14:14
こんばんは。
お母さまは甘えていらっしゃるんだと思いますが、
この甘えに付き合ううちにみんなが参ってしまいます。
お姉さまの決断は良いと思います。
考えさせられます。
TAMO
2018/11/04 00:55
南天さん(^o^)

お久しぶりですm(_ _)m

うちの姑もホントに転ぶんですよ。

足の裏の感覚が無いとのことで、触るとつめたくて血が通っていないみたい。
色も真っ白。

でも、骨折しないのです。

内出血はするものの、骨折しない。自転車に乗って転んでも骨折しない。
ものすごく骨密度が高い(笑)

お母さんは何歳になるのですか?

うちの姑は83歳になります。

老いると言うことは頑固になる事だと感じております。

お互いに可愛いい素直なおばあちゃんになりましょう(^o^)

詩音連音
2018/11/07 13:27
>TAMOさん
そうなんですよね。
あまりに振り回されていたことに最近気が付きました。
気が付いたときは、母は、老いが進んでいました。
もっと若いときに気が付けばよかったのですが、姉も気が付きませんでした。
みんなで振り回されて・・・。
自由にやってきた母も
老いには勝てないかもしれません。、
南天
2018/11/07 23:04
>詩音連音さん
コメントありがとうございます。
母は90歳です。
骨粗しょう症の注射を2年間打ちましたら、骨量が増えたみたいです。
今は、また、違う薬を使っています。
そのせいか、ちょっとのことでは折れません。
昔から、本人は無意識で、自分の意思を押し通してきました。
うまく人をあやつるので、わかりませんでしたが、だんだん老いるとぼろが出てきました。
そんな難しい親を持つと、本当に困ります。
ある意味強い芯があるのでしょうか、でも、ありのままの自分を見せることもなく、ケアマネさんも困っています。

親なので、自分もそうなるのではないかと、不安です。
親は、子供にちゃんとした生き方を見せるのが大事ですね。
かわいいおばあちゃんは、理想ですね。
南天
2018/11/07 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
思うこと このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる