このまま行こう

アクセスカウンタ

zoom RSS 弥富市歴史民俗資料館 

<<   作成日時 : 2018/08/15 21:49   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 8




画像


弥冨市歴史民俗資料館で開催中の「いきもの王国やとみ」へ行ってきました。

画像


入り口には、白文鳥のぶんちゃんが迎えてくれます。

画像


ぶんちゃんは手乗りです。

職員さんに行って出してもらいます。

画像


よくなついています。

弥冨市は、白文鳥の発祥の地です。

昔は文鳥農家も多く、200件以上ありましたが、今は2件だそうです。

明治時代に、弥冨から全国に広まった白文鳥は

夏目漱石も愛した鳥だそうで、「文鳥」という短編小説にもなっています。

弥冨はまた金魚でも有名です。

画像


画像


生産量も金魚組合の組合員も減少してます。

・外国産の安い金魚が入ってきたこと。


・人があまり金魚を飼わなくなったこと

が原因だそうです。

また、お金にならないとやめてしまったり、高齢化で後継ぎがいないこともあるそうです。

弥冨で金魚が盛んになったのは、

桑名と名古屋で流通の拠点だったことと海抜0メートルで金魚田が作りやすかったことだそうです。

特徴は、小さい池で1匹1匹手間をかけ、高級金魚を育てることが盛んです。


実際車で通っても、あちこちに小さな池がたくさんあります。

きれいな金魚が展示してありましたが、見るとほしくなります。

画像


画像

資料館の階段にも文鳥と金魚があります。

弥富市の歴史なども展示してあります。



さて、続いて、間崎(かんざき)公園に行きました。

ここは以前にも行ったことがあります。

https://akai-mi.at.webry.info/201601/article_6.html

2016年の1月です。



その時には、文鳥しかいませんでしたが、今回は、オカメインコが3匹いました。

画像


小さな公園の小さな鳥小屋でした。


次は白文鳥発祥地の碑 のあるところです。



道路から倉庫があっては全く見えません。

神社が、隣にありますが、その横奥にあります。


画像


画像


画像


白文鳥は、突然変異でできたものを、改良して定型化に成功と裏に書いてありました。


弥富には、弥冨トレーニングセンターと言って、競走馬のトレセンもあります。

また、その近くには、弥冨野鳥公園もあります。


いきものを大事にしてきた歴史が弥富にはあるようですね。



最後に知ってる人は知っている1号線沿いの白文鳥の電話ボックスです。

画像

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
見ると欲しくなっちゃうのって
分かります。
南天さんも生き物大好きですもんね。^^
TAMO
2018/08/16 01:04
>TAMOさん
うふふ、TAMOさんもそうですよね。
弥富市は、それでも、金魚も文鳥もバブルがはじけてから、衰退の方向へ向かっているような気がしますが、地元の方たちも頑張ってると思います。
が、世の中の流れにはなかなか勝てないのでしょうね。
せめて、なんとか応援する方法はないのでしょうか?
文鳥飼おうかな〜・・金魚も飼おうかな〜
と思いつつ世話が大変なんで、仕事辞めたらにします。
南天
2018/08/16 10:57
時代とともに生き物に流行り廃りがありますね。
それでいいのかな?なんて思いますが、そのお蔭で
人の発展もあったりで様々ですね。
あまり深く考えてはいけないのかも・・・。
皆が元気で楽しく、生き物から感銘や感動があれば
それが一番ですね。
ゆう
2018/08/16 11:30
街中の素朴な資料館って、じっくり
見ると面白いですね。
南天さんの視点がとても素敵です。

白文鳥の電話ボックス、使って
みたいなぁ。
プチ・ミニ
2018/08/16 12:06
>ゆうさん
今はワンちゃんとか猫ちゃんが人気ですね。
でも、鳥もかわいいです。
人の人気に左右される愛玩動物ですが、癒しになるのは変わりませんね。
弥富の金魚はきれいです。
道沿いに金魚田があるお店もありますので、こちらにお越しの際は気にとめてみてくださいね。
南天
2018/08/16 17:54
>プチ・ミニさん
テヘ、ありがとうございます。
資料館は面白いですが、あまり人気がないのが残念です。
でも、こういう資料館は、貴重な資料が残っていますので、損得抜きに税金で維持してもらいたいです。
そして、いろいろな人が気軽に寄れるとさらにいいですね。

今はスマホばかりで電話ボックスはあまり見ませんが、こういうのもあってもいいですよね。
南天
2018/08/16 17:56
最近はペットと言うと犬か猫が主ですが、子供の頃は鳥や金魚を飼っている人の方が多かったような気がします。それだけ庶民も裕福になったということでしょうか(^^ゞ
地域の資料館を訪ねてみるのも面白そうですね。
うずら
2018/08/20 16:52
>うずらさん
犬や猫を飼えるのは、確かにそういう環境が整ったんですね。
昔は犬は外の犬小屋に寝ていましたよね。
コミュニケーションが取れるようなペットの方が癒しになるのかも。
でも、鳥さんも飼ってもらいたいです。
地域の資料館も最近は頑張ってるところもありますね。
それに、知ってそうで知らない身近なこともわかります。
人気がないので、しっかり見れますし。
南天
2018/08/22 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
弥富市歴史民俗資料館  このまま行こう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる